スポット医師の求人に応募して大きな病院で働いた時の話

大きな病院でスポット医師として働くことに

季節が冬だったせいか風邪の患者が多かったため、担当の人が風邪を引いたのも理解できました。
午後3時頃、小児科医から明日には仕事に戻れると病院に連絡が入ったので、明日は大丈夫ですと看護師が笑顔で私に言いました。
アパートで再びのんびりしていると、今度は精神科の医師が腰痛で動けないと連絡が来たので、急いで病院へ向かいました。
精神科の待機室に行くと、お客が何人も待っていたため、代理で来ましたお待たせしてすいませんと頭を下げました。
そして、担当する部屋に急いで入り看護師にお願いして患者を部屋へ入れて頂きました。
70代の主婦の人が椅子に座り、夫は私の話を全く聞かないのに、自身の話を押し付けようとしてきますと言いました。
日本ではありがちな亭主関白な家庭だなと言いたくなりました。
夫は家事をできないなら、実家に戻って様子を見てはどうかと言いました。
すると、主婦の顔は急に笑顔になり、そうしてみますと応じました。
次に来たのは学校の体育教師で、生徒の指導方法がわからないという相談でした。
生徒がいたずらをしていた時に注意して叱ったら、PTAや校長から怒られたとか。
手を出さずに言葉でやや温和に注意すればいいですと私が応じると、教師は頷いてくれました。

医師としての経験を積むために各地の病院でアルバイト大きな病院でスポット医師として働くことに医師の欠員が出ればそこを埋めるスポット医師の仕事

医師 求人 : 医師転職コンシェルジュ